KF11303458701

 

Kent Ave 2015 Autumn&Winter – Buyer’s EYE vol.3

 

 

トレンチコートというと、何を思い浮かべますか? 様々な映画の中で、男の中の男達が着ていました。 ハンフリー・ボガードや寅さんも。 個人的に好きなのは「仁義」という仏“ハードボイルド”映画の中のアラン・ドロン。無造作に羽織り、ベルトを締めて、仕事に出掛ける。30代半ばになった彼は髭をはやしていて、若く眩しかった頃と比べると大人の男の渋さや余裕が感じられます。

 

多くのコートがそうである様に、トレンチコートもまた由来は軍服から。 第一次対戦でイギリス陸軍が着用していたことで知られるようになりました。 故に数々のディテールは、それぞれの役割があります。 肩のストラップはエポーレットと呼ばれ、地位を表すバッジを付けていたなごり。実用的には双眼鏡や水筒を吊り下げていたようです。 右肩から胸にかけてのガンフラップは、ライフル銃を撃つ時の衝撃から体を守る為。また雨風の侵入を防ぐ為もあり、ストームフラップとも言われてます。 襟裏に付いているチンストラップや、肩から背中上部を覆うストームシールド、袖口にあるベルトも、雨風を防ぐ大事なディテール。 このように過酷な環境の中、男達はトレンチコートを着ていたようですね。 そのほとんどは今日では実用性はなく、デザインとしての役割が少なくないが、こんなウンチクもやはり男心をくすぐらせます。

 

雨にも負けず、風にも負けず、トレンチコートは私の強い味方です。 機能的でありエレガント、大人になってやっと似合う様になった気がします。 最近TOKIOが新曲のPVで5人揃って着ているのをTVで観ました。もう大人の男、やはりそういう事なのでしょう。

 

Trench coat 79,000円(税別)

 

Kent Ave facebook