Loro_Valiant2

 

Kent Ave 2015 Autumn&Winter – Buyer’s EYE vol.2

 

 

エレガントとは何か…。
昨年から巷で噂になっていた「サプール」というコンゴのお洒落集団。決して裕福ではないのに収入を洋服に費やしている。彼らは一見奇抜に見えるが「エレガントである」という志向を持っていて、やはり美しいコーディネートをしています。
一方、ラギットと言う言葉。無骨、飾り気のない、と訳されるように、男っぽい、アメリカンもしくは英国カントリーなイメージを私は持っています。
都会的で洗練されたエレガントに対してラギット、まるで相反する言葉のようですが…。

 

さて本題に。
今季Kent Aveがおすすめする英国調スーツスタイル×チェック柄をイタリア生地と国産生地で作りました。
イタリアは言わずとしれたトップメーカー・Loro Piana(ロロピアーナ)。高級感のある滑らかな肌触りは、さすが19世紀初頭に創立した世界が認める老舗ミルメーカーならでは。ほどよくシェイプされたラインを更に引き立てます。1着は持っていたいスーツです。
そしてMADE IN JAPAN生地は、ウール産地として名高い愛知県西部、尾州産「Valiant」。今季から誕生です。1970年代の資料をベースにし、トレンドカラーを取り入れて作り上げたメランジミックスな色柄が特徴。低速織機で手間暇かけて織り上げた生地は、ウール本来が持つ独特な風合いを持っています。こちらは3ピーススーツで。
対照的な2つですが、どちらも紳士たる毅然とした姿勢あってのスタイル。
無骨なだけではガサツだし、優しいだけの男では世の中渡っていけない。
雄々しく、しなやかに、正統派スーツは背筋を伸ばして着ていただきたい、そんな風に思っています。

 

Loro Piana 59,000円(税別) 3ボタンスーツ 

Valiant   49,000円(税別) 2ボタン3ピーススーツ 

 

Kent Ave facebook